東住協は賃貸住宅経営者の支援を通じて共同住宅の改善と社会福祉の増進に貢献する公益法人です

公益社団法人 東京共同住宅協会

電話番号

不動産に関する無料相談を実施中です。

お問い合わせフォーム
お役立ち情報
  • リスクを減らし、賃貸経営の成功確率を高める方法
  • 成功する管理方法

はじめに

 アパート経営を健全に行うには「管理」が最も重要なポイントとなってきます。「管理」には大きく分けて2つのジャンルがあります。

ソフト的な管理&ハード的な管理

 ひとつは家賃の集金や入居者の斡旋・契約、日常のクレーム対応などを中心とするソフト的な入居者の管理、そしてもうひとつは、建物の清掃や各種設備の点検・メンテナンスを中心とした建物設備の保守や維持をするためのハード的な管理です。

自主管理?それとも専門業者に頼むべき?

 ソフト的な管理、ハード的な管理全てをオーナー様が自主管理される場合もありますが、日常的な入居者からの要望やクレーム、更新の手続きや賃料の増減の折衝、そして手の行き届いた清掃や保守・メンテナンスなどに対応するためには、専業でアパート経営に従事せざるを得なくなります。サラリーマン大家さんや本業と兼業でされる場合には、専門業者である管理会社や不動産会社を間に入れて代行してもらうようにすると、助言や提案も含めスムーズな経営ができます。全てをご自身でできる器用な方もいらっしゃると思いますが、最新のリフォーム事情や賃料相場などを教えてもらえる、よきパートナーを選定できますと精神的にも楽になります。 もちろん空室になった場合の入居者探しについても、プロの手を借りた方が早期に見つかります。入居募集から契約代行、集金からクレーム対応など一手に引き受けてくれる管理会社に業務を委託する場合、一般的に月額賃料から数パーセントを管理料として支払うことになります。 自主管理は経費節減のメリットもありますが、数パーセントの管理料を惜しんでしまいサービスの低下や滞納、空室で悩むのであれば、信頼できる管理会社を見つける努力も大切です。自主管理をされている方には独りよがりの管理で結果的に損をされている方も多く見受けられます。

※年に4回発行される東京賃貸住宅新聞より抜粋

  • 前の記事を読む
  • 目次に戻る
  • 次記事を読む

記事一覧

リスクを減らし、賃貸経営の成功確率を高める方法

金融不安・不況時の賃貸経営

定期借家権とは

原状回復トラブル事例

等価交換による土地活用(※借金しない土地活用法)

2011年7月15日、最高裁で「更新料」有効判決

土地活用プランナー

東住協セミナー

無料相談受付中

賛助会員

メール配信サービス